戻 る

滋賀県 小林様
<2011/9>
 
小林 ニコ君(ブラウン)

宮澤さま

ニコは7/221才になりました。
 ニコは人に対してとてもフレンドリーな性格です。子供たちがいきなり抱っこしても怒りませんし、ちゃっかり膝の上に乗ってたりします。そのかわり、ホビー先輩からは、空気が読めず怒られることも。そうやって社会性を身につけているように思います。

ニコ自身、毎日の生活のリズムがわかってきたようです。寝るときは、ホビーは1階のサークルへ、ニコは2階のサークルへ入れます。以前なら、私たちの気配を感じると『出して、出して』と跳ねまわっていましたが、今では朝まで静かに過ごしています。私が「もう寝るからね」とか「おやすみ」と声をかけるとホビーは自分でサークルに入ります。ニコはずっと知らん顔で横になったまま。抱っこしてもらって2階のサークルへ行くからなのですが、声をかけたら自分で階段の下まで行くようになってくれればと思います。

ホビーは最初の犬なんでしつけにも気合が入っていたのですが、2番目となると、こちらの慣れもあってニコはちゃっかり甘えん坊の位置をキープしています。

 小学生の子供たちは、一人でお風呂に入るのが怖いようで、ニコをつれていって脱衣所で待たせています。誰もいない部屋に荷物を取りに行くときもニコを連れていくので、あいかわらず良いお供のようです。

ニコの近況はこんな感じです。それではまたお便りますね。

宮澤様もお体に気をつけてお過ごしください。

<アマンダより返信>
ニコ君、1才のお誕生日おめでとう! お写真を拝見させていただきました。おにいちゃんと並んでお嬢さん(でしょうか)の方を見ている後ろ姿、可愛いですね、ほほえましく、思わずにっこりしてしまいました。2ワンちゃんのお色も緑の芝生に映えてとても綺麗です。ニコ君のアップのお顔から幸せに過ごしている様子が伺えました。大切に育てていただき改めて御礼を申し上げます。
躾はオーナー様の采配になりますが、どうしても1番目の子より2番目の子の方があまくなるかもしれませんね。人間の子供と同じですね。その分2番目のワンちゃんにとってはリラックスできるかもしれません。
相変わらずお子さん方のお役立ち犬になっているのですね。お子さんの気持ち、私もよーくわかります。私も大昔、一人でお風呂やトイレに行くのがとっても怖く、お化けがいるのではないかと後ろを振り向いてばかりいた記憶があります。ワンちゃん同伴で少しでも怖さが緩和できればそれに越したことはありません。ニコ君も脱衣所で待っているのが日課になりつつあるのではないでしょうか。毎晩お風呂場の前で番犬しないと調子狂っちゃうような、一日が終わった気がしないような・・・。
これからも先輩のおにいちゃん犬からいろいろ教えていただき、空気の読めるワンコに成長してください。陰ながら応援しております。

<2011/3>

小林 ニコ君(右がニコ君)

宮澤さま

ご無沙汰しております。11/21にブラウンの男の子を迎えました小林です。
ニコと名付け、生後7カ月を迎えました。当初はいろいろと相談に乗っていただきありがとうございました。

ニコですが、先住犬(ホビー♂4才)との距離もずいぶん縮まって、つつがなく過ごしています。 去勢手術を2月中旬に終えました。ロープのおもちゃが大好きで、ホビーとひっぱりっこしたり、奪い合ってプロレスのようになったりしています。

寝るときとお留守番のときはサークルで過ごしています。就寝後は朝まで静かに過ごしてくれます。お留守番のときは、人が帰宅するとピョンピョンはねて出してほしいとアピールします。

リビングでひととおり遊んだあとは人の近くにいてずっと寝ています。来客があっても吠えることがないのでとても助かっています。人が来たのを吠えて知らせるのはホビーの役目となっているようです。

ニコが来た当初、ホビーはトイレの失敗やマウンティングをしたのですが、23週間もするとこのような行動は治まってきました。ニコも宮澤様のおかげでトイレをちゃんと認識しています。

先日、2頭をつれて娘と私で散歩にいきました。田んぼの一本みちをこちらに向かって走ってくるニコはとても早くて茶色い弾丸のようでした。ホビーはゆっくりのんびり歩いていて対照的です。

小学生の娘と息子は、となりの部屋に行くだけでもニコを連れてきます。暗い部屋がコこわい二人にニコはいいお供です。

飼い主の私は、仕事、子育て、家事と時間に追われる日々なのですが、ニコとホビーがいるので、規則正しい生活を送っています。

もう少し早く近況報告ができればよかったのですが、ワクチンや去勢手術を済ませ、生活リズムが整ってから・・・と思っていたら、ご連絡が今になってしまいました。また折に触れて近況をお知らせできればと思います。

ようやく春になりましたが、まだまだ寒い日が続きます。宮澤さまもお体にお気をつけてお過ごしください。

小林

<アマンダより返信>
ニコ君元気に過ごしているようで嬉しく思います。また先住犬ちゃんとの距離が縮まり仲良しさんになっている様子、大変嬉しく感じさせていただきました。
お留守番も大人しくちゃんとおりこうさんにできるんですね。
ワンちゃんは、1頭だけですと分離不安などで飼い主さんにべったりになりがちですが、多頭飼いはワンちゃん同士遊んでくれるので飼うのが楽ですね。 またワンコ同士の係わり合いを見ていると面白いです。当方の子達は暇さえあれば相撲をとるんです、2本足で真剣に取り組んでいる様子は笑いを誘います。1頭ですとときに臆病になったり社交性に欠ける場合がありますが、家の中でお友達がいると性格も明るく積極的になってまいります。お留守番の寂しさも2頭だと軽減されるのではないでしょうか。
確かに小さいお子さんにとって暗い部屋に行くのが怖い時期がありますね。ニコ君が一緒にお供をすることで怖さを解消できるんですか・・・なるほどお子さんのボディーガード犬というわけですね。 そういうお役立ち法があったんですね、新発見です! 
また楽しいお便りをお待ちしております。それでは・・・。 


直線上に配置直線上に配置